project one-room(仮)

f:id:kenchang1991:20170925185633p:plain

www.cs.furyu.jp

 

 私には突き刺さるような発表がTGSにて行われておりました。

 『project one-room(仮)』と題されたフリューさんから発売を予定されている作品でございます。

 

 なぜに私に突き刺さるのかというと、こちらの作品がかつてセガさんから発売された『ROOMMANIA #203』にインスパイアされた作品であるからでして。(セラニポージが楽曲提供という時点でインスパイアどころではないとは思いますが…w。)

 

 『ROOMMANIA #203』は兄がドリームキャストと一緒に購入しまして、私も一緒にプレイさせてもらった思い出の作品なのです。(後からシェンムーを購入したりなんなり。)

 

 1Kの空間から繰り広げられる、日常と非日常が入り乱れた世界観。それを見事にまとめ上げるかのようなセラニポージの楽曲…。プレイ当初は「変わったゲームだなー」ぐらいの印象だったのですが、エンディングを2、3個見るころにはその世界に魅了されておりました。

 

 ただ…正直な所、人によっては評価が分かれるゲームだと思います。ゲーム性を問われると「うーむ」と悩んでしまいそうな作品でありますので…。実際、続編である『ニュールーマニア ポロリ青春』が発売されてから14年あまりが経過してしまいましたし…。

 

 しかし…多種多様なゲームが発売される昨今、こうしたゲームがポツポツとでも存在していてもいいのでは、と私は思うのです。ゲームというものは、自由なモノであって欲しいと常々思います…。

 

 どんなジャンルのものであっても、評価が分かれるのは仕方ないとは思います。が、そうしたモノこそ、刺さる人には突き刺さるものなんじゃないかなー、と。自分のゲーム遍歴をさかのぼってみても、そうしたゲームが大好きだったりしますので…。

 

 そうした中での今回の発表は、嬉しく思います。しかもPS4ですもんね。フリューさんありがとう…!セガさんもね。

 

 シリーズをプレイしたことがない方は、今だとちょっとプレイする環境(DCorPS2)を整えたりが大変だと思いますが…、触れてみてはいかがでしょうか。セラニポージの楽曲を聴いたりだけでも楽しめるとは思います。

 

 あ、セラニポージの楽曲を製作されているササキトモコさんは、アイマス関連で楽曲を製作されていたり(きゅんっ!ヴァンパイアガールやアタシポンコツアンドロイドなどなど)しますので、それらの曲が好きなプロデューサーさんの方々も是非。

 

 (…これを機に、セガさんも『ROOMMANIA #203』『ポロリ青春』を現行ハードでプレイ出来る様にしてくれませんかね…?)

 

 こんな所で~。ノシ

 

公式サイトはラジオをクリック!