FCB 12th LIVEを観終えて

 先日10月5日に開催された『FCB 12th LIVE』を観てまいりました。

 

 FCBとは…

あの、世界ではじけた家庭用ゲーム機「ファミコン」の音楽を演奏する集団。ファミコンバンド、略してFCB。  僕らが熱中したファミコン。今でも耳に残るあのメロディー。その名曲の数々が、ファミコンバンドのサウンドで、ここに蘇る! 最新作から懐かしの一品まで! あの名作から忘れかけていたクソゲーまで!  熱い感動よ再び!

―公式ページより抜粋

 

 説明に『ファミコン』バンドとありますが、ファミコンに限らず、他のハードの楽曲に関しても演奏されていらっしゃいます。(ニコ動にてLiveの様子を見ることも出来ます。気になる方はこちらをどうぞ。)

 

 …と利いた風な口をきいておりますが、私自身今回初めてのFCBだったので、偉そうに語ることは出来ません…w。

 

 FCBの存在を知ってから、毎回行きたいとは思っていたのですが、なかなかタイミングが合わず、今回念願叶って初めて行くことが出来ました。

 

 特に今回「行かなければ!」と思った要因は、FCBが開催されている会場である川崎市教育文化会館が近々取り壊される予定であるため、FCBとしてのラストLiveかもしれないというお話があったというのもあります。

 

 この機を逃したら絶対に後悔すると思ったので、基本的に出不精な私を奮起させて行って参りました。

 

開場後の様子

 

 Live当日、台風接近に伴い、大気の状態が不安定だったため、比較的強めの雨が降り、風も吹いておりました。

 

 この天候では来場される方も少ないかな?なんて思ったりしながら、人身事故などの影響で少し遅め(確かチケット配布時間である13時過ぎ)に会場に着いたのですが…。

 

 既に開場を今か今かと待機されている方の列がズラーッと!非常にビックリいたしました。

 

 その列に並んでいる間にも、続々と並ぶ方々が。約2年ぶりとなるLive、しかもラストLiveになるかもしれないということもあってか、ちょっと肌寒い天候ながらも並んでいる列には熱気を感じました。

 

 開場後、配布されていたサイリウムを手に客席に座ってしばらくして演奏が始まりました。

 

 曲目は全部で3部構成(FCBでは1部、2部と数えるのではなく1面、2面と数えるようです。)となっており、1面はハイパーディレクテッドステージ、2面はチープ&マニアックステージ、3面はシンフォニックスステージと銘打たれておりました。

 

 まず1面!最初に演奏されたのは『バンダイメドレイ』!

 

 バリトン歌手よこばりさんによる『マクロス』、『ペガサス幻想』などの歌モノや『キン肉マン マッスルタッグマッチ』、『ドラゴンボール 神龍の謎』など、バンダイならではの曲構成となっておりました。

 中でも『仮面ライダー倶楽部』の寸劇のクオリティーの高さは素晴らしいものでしたw。

 

 続いて演奏されたのは『真・ナムコメドレガ』!

 

 『真』とついているだけに扱う作品数も多く、すごいボリュームでありました。(源平討魔伝ワンダーモモギャラガさんまの名探偵超絶倫人ベラボーマン太鼓の達人ワルキューレの伝説などなど…)

 『ワンダーモモ』に関しては、かつて存在したボーカル曲(桃井はるこさんが歌ったワンダーモモーイでない方)が歌われ、歌の終盤「ララララーラーラー…」という部分ではサイリウムが活用され、その光景は歌の歌詞と相まって実に感動的でありました。

 

実際のサイリウムの場面

 

 もう一つ、この『ナムコメドレガ』で衝撃的だったのは、『太鼓の達人』!『超絶倫人ベラボーマン』の『ベラボーマンのテーマ』が、歌が歌われると共に本物の和太鼓を使用して曲が奏でられたのですが、その際に実際の『太鼓の達人』のように譜面が流れてくる演出が行なわれました!

 

まさにこのような感じです。

 

 この演出に、観客席の盛り上がりは最高潮でありました。

 

 休憩を挟んで2面へ。

 

 マニアックステージとついているだけに、演奏される曲目はどれもコアなネタが多く散りばめられておりましたw。

 ゲーム名を挙げると『スパルタンX』、『TM NETWORK LIVE IN POWER BOWL』、『新人類』、『カトちゃんケンちゃん』、『たけしの挑戦状』、『信長の野望』、etc…。挙げればキリが無いですね。

 

新人類の長州さん達

 

 この中に『ルート16ターボ』も含まれているのですが、FCB版『ルート16ターボ』には歌詞が付けられており、歌も歌われると共に、『ドラゴンクエスト』シリーズのストーリーも追体験出来る仕様になっておりました。(文字として書くと説明しづらい&自分でも何を書いているのか分からなくなってきますねw。)

 今回は『ドラゴンクエストⅤ』のストーリーだったのですが、再現度が高いことこの上なし!(ルドマンにプロポーズしたりなどなどw。)

 その他にも語り尽くせないほど見所満載なステージでした。

 

 再び休憩を挟んで3面へ。

 

 奏者の方々は正装に着替えられていたので、気合の入った演奏を聴くことが出来るのだなぁというのが、すぐに伝わってまいりました。

 

 まずは『MOTHER』。

 私は『MOTHER』は未プレイ(聴きながらプレイしていない自分を責めまくってましたw。)のため、曲が分からないのはちょっと残念でしたが、プレイした人が聴いたら、それこそ感涙モノなのだろうなぁと思いました。(『ポリアンナ』は知っていたので、それだけでも「うおぉ!」ってなりましたし…。)

 

 続いて演奏されたのは『サガ2 秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY』!

 タイトル通りで演奏されたのはGB版ベースではなく、リメイクされたDS版ベースの演奏だったのですが、『サガ』が大好きで、GB版だけでなくDS版も結構やり込んだ私にとってしてみれば、大興奮ものの演奏でありました。(演奏を聴きながら何度泣きそうになったか…。Save the world~エンディングの流れは、それはもう…!)

 

 『サガ2』の演奏が終わってフィナーレ…と思いきや、まだ演奏は続きました!ボーナスステージ、4面です!

 

 1曲目は『ドラゴンクエストⅡ』から『この道わが旅』。2曲目は『ロマンシング サ・ガ2』から『エンディングテーマ』が演奏されました。

 最後になるかもしれないFCB。そんな状況下でのこの選曲は、泣けと言わんばかりのチョイスでありました…。

 

 このまましんみりしたまま終わるのか…と思いきや!一転して陽気な音楽が流れ始めました。それは…『スペランカー』メドレー!w。会場は笑いに包まれ、FCBの雰囲気にぴったりな終わり方でした。

 

フィナーレ!

 

 そして最後の最後に報告があり、川崎市教育文化会館の取り壊しに関しては、あと3年ほど先になるということで、次回のFCBも開催されるとのことでした!ちょっとズコーッともなりましたが、嬉しいズコーッというところでしょうかw。やったね!

 

 さて、大雑把な観戦記となりましたが、いかがだったでしょうか。(読み辛くてすみません…。)

 

 FCBに関しては、内容的に私よりもぐっと上の世代の方が楽しむイベントなのでしょうが、レトロゲームをプレイされている方なら、誰でも楽しめる素晴らしい演奏会だと、今回観たことで感じました。

 

 当然、リアルタイムで様々なゲームをプレイされてきた方々の経験や知識には敵わないとは思いますが…

 是非とも若い方々にも来て頂きたいイベントですね!

 

 多くの方々がTwitterで「FCBロスだ~」と叫ばれており、私自身もFCBロスの影響からか、風邪を引いてしまったのですが、また開催されるとなれば、元気も出てきますね!

 

 感動をありがとうございました!次のFCBも楽しみにしております!