【PC壁紙】ゼルダの伝説 リンク ムジュラの仮面ver.

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kenchang1991/20160620/20160620194532_original.jpg?1466419563

 

 

 梅雨に突入して、ぐずついたお天気が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 私としてはこの時期が誕生日だったりするので、ジメジメジトジトはしていても、嫌いにはなれない所でございます…w。

 

 さて、今回は微妙なお天気の合間を縫って、晴れた日を狙って写真を撮ってきました。

 今回はアイロンビーズではなく、ねんどろいどを自立させて撮影した一枚になります。

 

 何気にねんどろいどを「撮るぞ!」と気合を入れて撮影したのは今回が初めてだったりします。

 ねんどろいど自体ちょっとずつ買い集めてはいるものの、なかなか撮影に踏み切らずにそのまま放置&鑑賞だけで楽しんでしまっていたり…。そんな自分に喝を入れて撮影して来ました。

 これを機にペースは遅いかもしれませんが、ねんどろいどを撮影する機会を増やしていければなーと思う次第です。

 

 それにつけてもリンクさんに草原(まぁ芝生なんですが)はやっぱり映えますな!とりあえず良さげに撮れた一枚をうpしてみましたが、これだけじゃ勿体ないかもですね。構図を考えてもう何枚か撮りたい所でございます。どんな感じの構図にしようか…。

 

 それは置いておいて、こちらの一枚もPCの壁紙に出来るようにしたので、気に入って頂けたら壁紙にでもしてやって下さい。

 

 ではまた。

 

 ※基となった作品を愛した上でこうした活動を行っておりますが、削除依頼があった場合には速やかに削除させていただきます。

 

『艦これアーケード』のためにカードケースを作ってみました。

f:id:kenchang1991:20160513205529j:plain

 皆さん、艦これアーケード楽しんでますか?

 私は自重しないと、見境なくプレイしてお金を多くつぎ込んでしまいそうなので、月3~4回行ければいいかなというペースで楽しんでおります。

 …本当はもっと行きたいんですけどね。だって楽しいんですもん!

 

 さて、前置きはこんなもので本題を。

 

 艦これアーケードをプレイしていくと、当たり前ではありますが、多くのカードを所持しなければならないという状況が生じてきます。

 そのカードを管理するためにも必然的にカードケースが必要になってくるのではありますが…

 

 実は今までの人生の中で、まともにカードゲームをプレイしたことが無かったので、カードケースは持っていませんでした。

 

 何かしらカードゲームにでもハマっていたら、そのカードケースを艦これアーケード用として使っていたかもしれませんが、あいにく持ち合わせていなかったのです。

 

 であれば適当にカードを収納するカードケースを購入すればいいかなーとは思ったのですが…

 

 それだとオリジナリティーが無い!ステッカーでも貼ればそれっぽくはなるかもしれませんが、それだけだとちょっと味気ないかな、なんて考えてしまうわがままな私。

 

 なら自分で一から作ってしまおう!と考えた次第でございます。

 

 作るからには、やはり艦これをモチーフにしたものにしようと思ったのですが、何にしようかと考えた結果、

f:id:kenchang1991:20160514201236j:plain

 これをモチーフにしたものを作ろうかと。

 艦娘さんをデデーンと描いたケースでも良いとは思ったのですが、分かる人には分かるぐらいのものがいいかな、なんていう思いからの考えでした。(決してダンボール製にすれば材料費も安上がり!なんていうよこしまな考えからではないですよ!たぶん!)

 モチーフにするものが決まってしまえば、後は作るだけ!ササッと制作作業に取り掛かりました。

 

f:id:kenchang1991:20160513213003j:plain

 まずはケースを作るための型紙を作りました。A4用紙を使って、ケースの図を印刷し、

f:id:kenchang1991:20160513213010j:plain

 ダンボールにマスキングテープなんかを使って固定し、カッターで切り出しました。

 

 そしてそれを定規などを使って折り曲げて…

f:id:kenchang1991:20160514203649j:plain

f:id:kenchang1991:20160514203721j:plain

 こんな形に組み立てました。

 

 組みあがったものに、

f:id:kenchang1991:20160514203906j:plain

 イラストを描いて完成であります。まあまあの出来かな?と思います。

 

 ダンボール製だと使っていて汚れてしまうんじゃ、と友達に言われたのですが、それはそれで味かなぁ、なんて考えたので、汚れたりするのを防ぐ加工はしませんでした。ダンボールは汚れてナンボみたいなものだと思ってますし。

 

 てな感じのどうでもいい工作をしたという報告でした。

 私はダンボールを使って作りましたが、アクリル板なんかを使って作ってもいいかもですね。皆さんも思い思いのカードケースを作ってみては如何でしょうか。

 

 ではでは!

任天堂の携帯型ゲーム機の行く末は

 先日、任天堂さんの決算説明会の内容が公開され、その中にスマホ版ゲームアプリとして『ファイアーエムブレム』、『どうぶつの森』を提供するという発表が含まれておりました。

 

www.nintendo.co.jp

 

 任天堂さんもついにスマホに…!といったところですね。

 

 とはいうものの、皆さんも周知だとは思いますが、任天堂さんは既に『Miitomo』というスマホアプリを提供されています。

 

miitomo.com

 

 『Miitomo』の全世界のユーザー数も現時点で1000万を超えているということもあり、スマホでも有力なタイトルを作れるのだ、という自信を持った上での発表なのでしょう。

 

 この他にも、現実世界の建造物をポータルへと変換し、熱い陣取り合戦を行わせるという、日本でも一時ブームとなった『ingress』を手掛けたNiantic Labsさんとタッグを組んで開発をしているという『Pokèmon GO』も2016年中にサービス開始が予定されています。

 

www.pokemon.co.jp

 

 ざっと挙げただけでも、今年度はスマホに注力していくぞ!という任天堂さんの気概が伝わってきますね。

 

 スマホに注力していくということは、任天堂さんのヘビーなファンの方からしたら、やめてほしいという意見を述べる方も少なくないかもしれません。

 が、私としては任天堂さんがどういった形で自社のタイトルをスマホという新たな土壌で提供していって下さるのか、また、昨今問題になっているガチャのシステムを、任天堂さんはどう昇華させるのか、という様々な観点から非常に興味があるので、どんどんやって欲しいと思っています。

 

 ただ…、

 

 そうした場合、スマホという携帯型デバイスと自社の携帯型ゲーム機である3DSとでは、同じ携帯型端末として、どうしても競合せざるを得ないものなのでは、という懸念が生じてきます。

 

 いや、競合なんかしないよ、という意見もあるかもしれません。

 

 確かにスマホ携帯型ゲーム機では多くの異なる点があります。

 3DSだけで見た場合でも、立体視による演出効果、タッチペンによる操作、『モンスターハンター』シリーズや『妖怪ウォッチ』シリーズ、『ポケットモンスター』シリーズといった大型タイトルの安定供給などなど…違いを挙げれば沢山あると思います。

 

 しかし、ライトユーザーの方などからの立場で現状を考えてみると、また違った見方になってくるのではないでしょうか。

 

 消費が冷え込む昨今、確かに携帯型ゲーム機には楽しいタイトルが多く発売されているものの、本体とゲームソフトを購入するとなると高くついてしまう…

 であれば、スマホで基本無料のゲームを遊べばいいのでは、という結論に至ってしまうことが起きてしまうのでは、と思います。任天堂さんのタイトルが多く提供されたら拍車がかかるような気がしてなりません。

 

 とは言うものの、ファミ通さんなどで3DSの売り上げを見ると、そこまで悲観的にならなくても…とも考えられます。今後どのように推移していくのか気になる所でもありますね。

 

 それは置いておくとしても、そんな状況下を任天堂さんはどうするのか。と、考えた時に一つ思い浮かぶものがあります。

 

 それは2017年に発売を予定されている任天堂さんの次世代ゲーム機『NX』です。

 

socius101.com

 

 上記の記事を読んでいただけると、既に様々な噂が国内外で飛び交っているのがお分かり頂けると思います。

 その中でも任天堂さんでは以前から自社の携帯型ゲーム機と据え置きゲーム機のプラットフォームの共通化したいという思いがあった、というのが重要になってくるのではと私は思いました。

 

 据え置きゲーム機、携帯型ゲーム機スマホ…それらの垣根を超え、競合してしまうかもという懸念を吹き飛ばすようなものを、任天堂さんは提供してくれるのかもしれませんね。

 

 憶測の範囲なので、まだまだ何とも言えませんが、いずれにしろとっても楽しみなのは私だけではないはず!ですね。今後とも任天堂さんの動向に目が離せません。

 

 ささっと書いてみたので、読み辛い記事だったかもしれませんが、ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

 また何か思ったら書いてみようかと思います。

 

 ではでは!

艦これアーケードをプレイしてきました。

f:id:kenchang1991:20160428163324j:plain

 

 ブログを更新しないままだいぶ時間が経ってしまいました、すみません…。

 色々なことにうつつを抜かしていて、更新する気力もありませんでしたが、気合を入れて書こうと思った次第でございます。

 

 さて!前置きはこれぐらいにして、本題をば。

 

 去る4月26日、ブラウザゲームでのヒット作、『艦隊これくしょん』のアーケード版『艦これアーケード』がついに稼働致しました。

 稼働して間もないということで、順番待ちの列も途切れない状況ではありましたが、ブラウザ版をプレイしている身としても、どうしてもプレイしたい…!

 ということで!ワタクシ実際にプレイして参りました。今回は軽くゲームを紹介する記事を書いてみようかなーなどと思った次第です。

 

 

 ブラウザ版では、艦娘さん達はイラストにて表現されていますが、アーケード版では3DCGにてグリグリ動く艦娘さんを堪能することが出来ます。

 イラストでは見られない様々な角度で艦娘さんを眺められるというだけでもかなり魅力的かもですね。

 

 

 プレイムービーを観て頂ければ分かると思いますが、戦闘に関してはブラウザ版とはかなり異なり、プレイヤーによってガッツリ指示を出してグイグイ動かせるようなものになっています。

 ワタクシも実際に動かしてみましたが、最初は操作に戸惑い、うまく動かせないのですが、慣れてくると自分の意のままに艦娘さんを動かすことが出来、非常に楽しかったです。

 主砲を当てるのは勿論のこと、魚雷を直撃させた時はスカッとします!水雷戦隊によるプレイが癖になりそうな予感がしますね。

 まだ空母の方が居ないので、航空戦は体感していないのですが、次のプレイで鎮守府に来ていただけたら…!と思う次第です。

 

 本当は戦闘中の映像を撮れればよかったのですが、プレイしながらの撮影は難しくて断念しました…。またいつかの機会に撮れれば…と思います。

 

 最後にちょっとだけ撮影して来た映像をば。摩耶様を撮影してきました!可愛かったです!

 

 

 ゲームセンターも非常に盛り上がっているので、タイミングが合わないとなかなかプレイすることが出来ないかもしれませんが、とても楽しいので是非ともプレイしていただきたい!と思います。

 

 ではでは!

【PC壁紙】 源平討魔伝

http://f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kenchang1991/20150925/20150925012901_original.jpg?1443112260

 

 以前から撮影しようしようと思っていても、気が付くと彼岸花の季節は終わっている…。

 

 毎年そんなことを繰り返していて、なかなか形に出来ていなかった構図ではありますが、ようやく撮影することが出来ました。

 

 はい、今回は彼岸花と共に源平討魔伝の景清さんをアイロンビーズで作って一緒に撮影してみました。

 

 私の勝手なイメージではありますが、景清さんには彼岸花がぴったりだろう、ということを考えての一枚でございます。いかがでしょうか。

 

 何気ない一枚ではありますが、色々とこだわっている点はいくつかあります…が、そんなことはどうでもいいですね、はい。(大したことでもないので…。)

 

 例によってPCの壁紙にも出来るサイズになっているので、気に入っていただけたら良ければ壁紙にしてやって下さい。m(_ _)m

 

 ではでは~。

 

 ※基となった作品を愛した上でこうした活動を行っておりますが、削除依頼があった場合には速やかに削除させていただきます。